管理人のhanaです

top-profile03.gif 5年前、過労・不摂生がたたり重症アトピーに。アレルゲン除去・食事の改善・ヨーガで治しました。

20代から10年間悩まされた大人ニキビは、アドム製品とミネラルファンデでようやく完治!(プロフィールはこちら

お知らせ

現在、「ニキビ完治への道のり」を不定期連載中!今までの記事はこちら↓

その1 治療前
その2 漢方編
その3 エステ編
その4 アドム編 前編
その4 アドム編 後編new.gif

ランキングに参加しています

▼クリックで当ブログに1票が入ります。
blogranking.gif
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

チョコレート中毒にご用心!

pokapoka_sweet.gif今日はバレンタインデーでしたね。皆さんはどなたにチョコ渡されたのでしょうか?

私はダンナさんに無添加ワインをプレゼント。あまりチョコレート食べる人じゃないので・・・。

080214choco.jpg
今日は取引先でチョコを配ってきました(笑)。People Treeのオーガニックチョコは手頃だし日本人向けの味でイイですね。

さて、ダンナさんがもらったチョコは全部私に回ってくるのですが、もともとチョコ大好きな私、放っておくと一気食いしてしまいそうなので、今日は敢えて「チョコレートの恐ろしさ」を書いておこうと思います(自戒をこめて・・・)。

゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・゜゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・゜゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・

私は3〜4年前、アトピー治療のためにお菓子(白砂糖)を一切断っていました。でもそれまでは大のチョコ好き。一度チョコを買うと、1箱・1袋を数日かけて食べるということはできず、一気食いしちゃってました。で、胃を悪くしたり肌が荒れたり・・・。

で、当時より不思議に思っていたのが「なんでチョコは、途中で止まらなくなるんだろう?」ということ。

例えばおせんべいやクッキーなら、1袋を一気食いしたら満腹になって、それ以上食べようとは思わないんですよ。ポテチ系も「やめられない、止まらない」だけど、それでも満腹感は感じる。

なのにチョコだけは、満腹でも食べ続けてしまう!

これって私だけに限らなくて、周りに「毎日必ずチョコを食べる」「食べずにいられない」「食べ始めたら止まらない」って人たくさんいます。

で、チョコに含まれている成分を調べたことがあるんです(笑)。そしたら、いろんな中毒物質が含まれていることがわかった!

以下、チョコに含まれている成分のうち、中毒性があるといわれているものです。

゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・゜゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・゜゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・

●カフェイン
精神を興奮させる作用をもつ。軽度の精神依存性(習慣性)があり、依存状態になると摂取できないときイライラしたり落ち着きをなくしたりする。

●テオブロミン
カフェインとよく似た化学構造の物質だが、精神を落ちつける作用がある。ちなみに、カカオの学名は「テオブロマ」で「神の食べ物」という意味。

●フェネチルアミン
覚醒剤(アンフェタミン)とよく似た物質。恋にトキメいてるときに脳内に分泌されるらしい。

●アナンダマイド
マリファナとよく似た構造で、至福感をもたらすと言われる。食肉にも含まれているらしい。

●砂糖
砂糖(ショ糖)は二糖類で分解されやすいため、大量摂取すると血糖値が急上昇し、気分がハイになる。しかしすぐに血糖値は急降下し、不安感を覚え、再び血糖値を上げるためにさらなる糖分を欲するようになる。

゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・゜゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・゜゜・*:.。.:*・゜・*:.。.:*・

ということは、チョコを食べると、まるで恋をしたように「興奮と安らぎ」という一見相反した感情が沸き起こり、至福感に酔いしれるってコトですか・・・。

しかも食べるのをやめるとイライラと落ち着きがなくなり、不安が募り、また食べてしまうんですか・・・。

すごい複雑な化学変化が脳内に起こるんですねぇ。でも、何となくわかるような気も。チョコ食べてるときって幸せだもん。で、なくなると、な〜んか空虚感感じますしね。

『チョコレートからヘロインまで ドラッグカルチャーのすべて』という本には、チョコ中毒の女性が、家のチョコレートがなくなると、L.A.を車で半分横切って終夜営業のスーパーに駆けつけるというエピソードが登場します。ここまでの人は少ないにせよ、「毎日チョコを1箱食べてしまう」程度の人は結構いると思うんです。

でもやっぱり、チョコレートの常食は美容・健康にはよくない!

一般的に、ミルクチョコの半分くらいは砂糖(糖質)でできているようです。100gのチョコに50gの砂糖が含まれてるとしたら・・・角砂糖14個分!角砂糖14個をカリカリ食べると考えれば・・・すごい量ですよね。

チョコは大量の糖分を、油脂と一緒に舌触りよく摂取させてしまう。そうすると一時的に低血糖を起こして、また食べてしまう。さらにさまざまな中毒物質によって常習性が身についてしまう。

過剰な糖分摂取には、ご存じのとおりさまざまな弊害があります。

●ビタミンB不足
糖質を分解するのにビタミンB1が使われるため、大量に砂糖を摂るとたくさんのビタミンB1が使われてしまいます。

ビタミンB1は「疲労回復」「精神安定」「脳の働きの活発化」などに役立つビタミン。よって欠乏すると、疲れやすくなったり、ココロが不安定になったり、ボーっとしたりします。

●細胞の「糖化」による老化
近年のアンチエイジング医学で、老化の原因は細胞の「酸化」「糖化」「紫外線による損傷」などにあるといわれています。

細胞の糖化とは、私たちの体を構成するタンパク質が糖質と結びつくこと。肌のハリに不可欠なコラーゲンやエラスチンも、もちろんタンパク質です。

糖質を摂りすぎると、コラーゲンやエラスチンなどが糖質と結びついてしまい茶色く固くなってしまうそうです。つまりシミ・シワ・くすみなどが起こりやすくなるんですって・・・こっ、怖い・・・

●胃を荒らす
飴を長時間口の中に留めていると、口の中がシワシワになることがありますが、砂糖には脱水作用があります。同じことが胃の中で起こると胃粘膜を傷めることがあります。

●カロリーの摂りすぎ
糖質と脂質がたっぷりのチョコレート。ミルクチョコ100gで約550kcal(ごはん2杯分)!!

他にも、私の友人が「会社でチョコを毎日食べている女性社員が、健康診断で全員『骨密度が低い』と診断された」とも言っていました。おそるべし、チョコの常食・・・。

自制心がちゃんと働いて、1箱を数日に分けて食べられる人なら問題ないけど、かつての私のような「一気食いタイプ」の人はくれぐれも気をつけてくださいね!>>ranking



この記事へのコメント
hanaさん、こんにちは.

オーリングテストについて調べていて、偶然こちらのサイトを見つけました。
子供がアトピーで、良い病院を探しています。京都在住です。
血液検査、パッチテストはやりましたが、結局何に反応しているのかわからない状況です。
アレルゲンを特定したいと思っています。
hanaさんが以前お書きになっていた、オーリングテストをしてくれる皮膚科を教えていただけますでしょうか?

メールが送信エラーでお送りできないので、こちらに書かせて頂きました。
お手数ですが、よろしくお願い致します。


>チョコレート
今年は、製菓材料を取り扱うネットチョップで、乳化剤など使っていない、きび砂糖とカカオで作られたものをダンナにあげました。
本当は、お菓子にするための物ですが、そのまま食べてもおいしいです〜。
Posted by とにい at 2008年02月20日 19:32
hanaさん、こんにちは。
わざわざご対応してくださって、ありがとうございます!!
お手数をおかけして申し訳ありません。
メールを送信致しました。ご確認ください。
Posted by とにい at 2008年02月21日 11:06
>とにいさん
お返事お送りしておきました!

チョコレート、製菓用でもいいものが売られているんですね!

私は最近、ダンナさんがVDにもらってきたものを、毎日少しずつですが食べちゃっています(汗)そのせいか、お肌の調子がイマイチですね。。。
Posted by hana(管理人) at 2008年02月21日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]











×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。